空き家売却

どんなにぼろ屋でも買うという買取の業者でも買わない家 3つの理由

更新日:

空き家 買取

 

家が古くてもまだ残っていれば更地だけより売れる場合があります。
その上で買取業者に依頼できれば仲介より直接的です。

その際の業者とは、中古の家を土地ごと買い取り、家をリフォームして売りに出す全国的な大手のところで、そのうちの二社ほどに見積もりを依頼しました。

その際、電話で「買い取れない家というは、どんな家ですか」と尋ねると、次のような答えが返ってきました。

スポンサーリンク

ad

車庫スペースのない土地

土地に家が乗っている状態で買い取るので、車が入るスペースがなければ駄目だそうです。

道路が狭くて車が入れない、車庫入れできないなどという場合も同じだと思います。

いわゆる事故物件

家を下見に来た時に一社には「持ち主はどこで亡くなったか」と聞かれました。
特に長年空き家の場合は孤独死の後に放置された状態ではなかったかは、確認の対象になります。

亡くなった際の病院や施設名を答えられるようにしておくのがよいでしょう。それと「最後に住んでいた人が誰だったか」を聞かれた際には、亡くなった後も他の家族が問題なく住んでいた状況を示せるものがあるといいかと思います

欠陥住宅

まさかと思ったものの、うちの場合がこれでした。

業者さんの方が
「人が見て『あの家は、ほろ家だね』と相当言われるものでも我々は買い取ります。が、お宅の場合はねえ・・・」

と言い渋るのを敢えて問いただしましたら、「欠陥住宅」という言葉が出てきました。
実際親からも若干話は聞いていましたので、断る口実や言いがかりではないことはすぐ理解できました。

普通の不動産屋ではそのような指摘はありませんでしたが、やはり買取をするという際は細部までチェックをされるようです。

それらの話から逆に、リフォームをして売りに出す会社の場合は、いちばんは立地であり、家屋自体が古いかどうかは、問題ではないということがわかった次第です。

家さえまともならここで終わったでしょうが、うちの場合はそういう理由で買ってもらえませんでした。

更地ではなく、家がまだ残っているという場合は、価格にこだわらなければ、買取業者は最も早道だと思います。

 



ad

ad

-空き家売却

Copyright© 土地売却奮闘記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.